コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ほどに ほどに

大辞林 第三版の解説

ほどに

( 接助 )
〔名詞「ほど(程)」に格助詞「に」の付いたものから。中世以降の語〕
活用語の連体形に付く。理由・原因を表す。…ので。…によって。 「おびただしく鳴りとよむ-、もの言ふ声も聞えず/方丈記」 「是は某にくれられた-、やる事はならぬ/狂言・樽聟」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

ほどにの関連キーワードシーケンス[sequence]焼き餅焼くとて手を焼くな大摺り上げ・大磨り上げ手足を擂り粉木にする穴があったら入りたい思い上がり・思い上り篝灯籠・篝燈篭ピンポイント一所懸命の地花恥ずかしい大概にするイタボガキ骨身を削るふためかす千里も一里取り飼ふ危な危な傍系会社アカエビゴマサバ

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ほどにの関連情報