ほどに

大辞林 第三版の解説

ほどに

( 接助 )
〔名詞「ほど(程)」に格助詞「に」の付いたものから。中世以降の語〕
活用語の連体形に付く。理由・原因を表す。…ので。…によって。 「おびただしく鳴りとよむ-、もの言ふ声も聞えず/方丈記」 「是は某にくれられた-、やる事はならぬ/狂言・樽聟」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ほどにの関連情報