コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ほどに ほどに

大辞林 第三版の解説

ほどに

( 接助 )
〔名詞「ほど(程)」に格助詞「に」の付いたものから。中世以降の語〕
活用語の連体形に付く。理由・原因を表す。…ので。…によって。 「おびただしく鳴りとよむ-、もの言ふ声も聞えず/方丈記」 「是は某にくれられた-、やる事はならぬ/狂言・樽聟」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ほどにの関連キーワードシーケンス[sequence]焼き餅焼くとて手を焼くな手足を擂り粉木にする穴があったら入りたいear cuffs針の先で突いたほど篝灯籠・篝燈篭ピンポイントサクラマスふためかすイタボガキ大概にする骨身を削る危な危な由かほる取り飼ふ書き遊む傍系会社マラソンどぎつい

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ほどにの関連情報