コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ぼうえんきょう座 ぼうえんきょうざ Telescopium

2件 の用語解説(ぼうえんきょう座の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ぼうえんきょう座
ぼうえんきょうざ
Telescopium

望遠鏡座。 1752年に N.ラカイユが新設した南天の星座。いて座の南にあり,概略位置は赤経 19時,赤緯-52°で,9月初めの宵に南中する。4等星以下の暗い星ばかりで目立たない。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ぼうえんきょう座
ぼうえんきょうざ / 望遠鏡座

初秋の宵の南の地平線上で、いて座の南に接して見える星座。東京付近の緯度ではその北半分、九州南部以南の地でやっと全景を見ることができる。18世紀のフランス天文学者N・L・ラカイユが、1763年にその著書のなかで発表した14の新星座の一つ。星の配列から望遠鏡の姿を想像するのはむずかしいが、18世紀は天体望遠鏡の発達で、天文学上の発見が相次いだ時代であった。[藤井 旭]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ぼうえんきょう座の関連キーワードケプラー式望遠鏡レチクル座屈折望遠鏡ケック望遠鏡望遠鏡座光学望遠鏡宇宙望遠鏡がか座(画架座)けんびきょう座(顕微鏡座)ぼうえんきょう座(望遠鏡座)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone