コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

まちづくり交付金

2件 の用語解説(まちづくり交付金の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

まちづくり交付金

都市再生を推進するため、04年に新設された国土交通省の交付金。道路、公園整備などに加え、市町村の提案に基づく事業も補助対象になり、事業費の約40%を補助する。事業期間は3〜5年程度とされている。

(2006-09-09 朝日新聞 朝刊 新潟全県 2地方)

まちづくり交付金

市町村の都市再生事業を支援することを目的に国土交通省が04年度に創設した。07年度までの4年間で773自治体に計約8070億円が交付され、その4割に当たる約3313億円は道路特定財源が充てられた。「都市再生は道路整備と関係が深い」というのが理由。交付金の使い道は市町村の裁量に委ねられ、「まちづくり」を目的にする事業なら公共施設の建設やイベントにも使える。

(2008-04-26 朝日新聞 朝刊 3社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

まちづくり交付金の関連キーワード市町村税市町村長都市計画税都市再生機構産業再生法市町村議会UDAG牧草地経営体まちづくり交付金制度中核的支援機関

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

まちづくり交付金の関連情報