コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

までい までい

大辞林 第三版の解説

までい

( 連語 )
〔副助詞「まで」に終助詞「い」の付いたもの。中世末期から近世へかけての語〕
文末にあって、強意を言い表す。 「おもてに案内がある。たれぢやしらぬ-。いえ、作兵衛ようおりやつた/狂言記・吟聟」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

までいの関連キーワード引き上げる・引き揚げる・引上げる・引揚げるディオニュシウス・アレオパギタベリングスハウゼン海パッケージプログラムスクランブルエッグショウジョウバエノーベル経済学賞自立援助ホームシギ(鴫/鷸)マリク・シャーコチュジャン去る・避る智歯周囲炎雉の草隠れ立ちっ放し眠れる獅子揚巻(2)カモンイス口喧しいいさば舟

今日のキーワード

届け出挙式

婚姻届を提出した後、そのまま自治体の役所で結婚式を挙げること。2017年2月、北海道苫小牧市が結婚情報誌「ゼクシィ」(リクルート)からの協力を受けて実施した。これを始まりとして、三重県鈴鹿市や東京都足...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

までいの関連情報