コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

までい までい

大辞林 第三版の解説

までい

( 連語 )
〔副助詞「まで」に終助詞「い」の付いたもの。中世末期から近世へかけての語〕
文末にあって、強意を言い表す。 「おもてに案内がある。たれぢやしらぬ-。いえ、作兵衛ようおりやつた/狂言記・吟聟」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

までいの関連キーワード引き上げる・引き揚げる・引上げる・引揚げるオフライン・ミーティングベリングスハウゼン海パッケージプログラムスクランブルエッグノーベル経済学賞お志賀の方(2)自立援助ホームマリク・シャーシーズニング去る・避る立ちっ放し智歯周囲炎雉の草隠れ眠れる獅子揚巻(2)カモンイスシュッテ局地紛争口喧しい

今日のキーワード

はしか(麻疹)

◎生後7か月以後、注意する [どんな病気か]  麻疹ウイルスが感染し、発熱、せき、目の充血、全身の発疹などがおこる病気です。  子どもならだれでもかかる軽い病気と考えがちですが、体力を消耗する重い病気...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

までいの関連情報