コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

までも までも

大辞林 第三版の解説

までも

( 連語 )
〔副助詞「まで」に係助詞「も」の付いたもの〕
下に打ち消しの語を伴って、それには及ばないという意を表す。当然の事態であることについていう。 「彼のことはおっしゃる-なく、皆よく存じています」 「こんな事はわざわざ書く-ないことだが」 「はかばかしき事は片端も学び知り侍らねば、尋ね申す-なし/徒然 135
活用語の連体形に付き、接続助詞のように用いられて、逆接の仮定条件を表す。…にしても。
打ち消しの語を伴う場合。 「うそとは言わない-、きわめて疑わしい」 「月を見て荒れたる宿にながむとは見に来ぬ-誰に告げよと/和泉式部日記」
打ち消しの語を伴わない場合。近世江戸語以降の用法。 「仮令たとい遅くなつて旦那に叱られる-、是を見ないでは帰られない/人情本・いろは文庫」
事態の至り及ぶ限界を示す。「も」によって「まで」の意味が強められる。 「後瀬山後も逢はむと思へこそ死ぬべきものを今日-生けれ/万葉集 739」 「さりぬべき物やあると、いづく-求め給へ/徒然 215」 〔が本来の用法〕

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

までもの関連キーワード地獄極楽はこの世にあり手纏の端無きが如し言葉は立居を表す故郷忘じ難し論を俟たない子細に及ばず平行線を辿るおんでもない一議に及ばず勝ちっ放し何処までも意地を通す根に持つ粘り抜く遣り抜く後を引く見え渡る淡水之交万古不易百も承知

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

までもの関連情報