コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

まないた(俎) まないた

1件 の用語解説(まないた(俎)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

まないた【まないた(俎)】

料理の材料を切るときに用いる板。《和名抄》は〈俎〉を,音は〈阻(ソ)〉,和名は〈末奈以太(まないた)〉としている。のちに〈真魚板〉〈魚板〉とも書くようになった。日本では古く魚菜のすべてを〈な〉と呼び,さらに魚だけを〈まな〉と呼んだ。その〈まな〉を切り分けるための板であるところからこの名がある。昔は脚付き,それも4本脚のものが多く使われた。室町期に料理の流派が成立すると,流派それぞれがまないたの寸法,板面の名所(などころ),貴人の前で魚鳥の包丁を披露するためにまないたを持って出るときの作法などというものを規定した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

まないた(俎)の関連キーワード画板黄皮鏝板下煮湯煮弓鋸一文字切り笹掻き下茹でケージプレス

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone