まひ性貝毒

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

まひ性貝毒

アサリなどの二枚貝は、毒素を持った植物プランクトンを食べ、体内に毒を蓄積させている。貝の可食部1グラムあたりの毒量が、国の規制値の4マウスユニット(MU)を超えると、都道府県出荷自主規制を要請する。1MUは20グラムのマウスが15分間で死ぬ毒量。

(2014-03-28 朝日新聞 夕刊 1総合)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

天泣

上空に雲がないにもかかわらず,雨が降る現象。風上にある雲からの雨であったり,雨が降ってくる間に雲が移動したり消えたりする場合などに起こる。天気雨,狐の嫁入りともいう。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

まひ性貝毒の関連情報