コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ままに ままに

大辞林 第三版の解説

ままに

( 連語 )
〔名詞「まま」に格助詞「に」の付いたもの〕
用言の連体形に付いて、接続助詞のように用いられる。上の句によって示される動作や状態にしたがって、次の行動がなされることを表す。
…するとおりに。…であるにまかせて。 「ただ宣はせむ-と聞ゆ/源氏 澪標」 「わが思ふ-そらにいかでか覚え語らむ/更級」
…するにつれて。…にしたがって。 「暗うなる-雨いとあやにくに頭さし出づべくもあらず/落窪 1」 「かくて日の経る-、旅の空を思ひやるだにいとあはれなるに、人の心もいと頼もしげには見えずなむありける/蜻蛉
…であるために。…なので。 「恋しうおぼしいでらるる-、常陸の宮にはしばしば聞え給へど/源氏 末摘花」 「いみじく心もとなく、ゆかしく覚ゆる-、この源氏の物語、一の巻よりして皆見せ給へと心のうちに祈る/更級」
…するとすぐに。…するやいなや。 「いつも和殿原は重忠がやうなる者にこそ助けられんずれといふ-、大串をひさげて岸の上へぞ投げ上げたる/平家 9」 「音に聞きし猫また、あやまたず足もとへふと寄り来て、やがてかきつく-、頸くびのほどを食はんとす/徒然 89」 〔 (1) 格助詞「の」に付いて副詞句を構成することもある。意味はまたはに同じ。「霜枯れわたる野原の-、馬・車の行き通ふ音しげくひびきたり/源氏 若菜上」「心の-茂れる秋の野らは置きあまる露にうづもれて/徒然 44」 (2) 現代語でも用いられることがある。意味はに同じ。「女まで引張られる-彼れの膝に倚りかかつて、彼れの頰ずりを無邪気に受けた/カインの末裔 武郎」〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ままにの関連キーワード下顎と上顎とのぶつかり放題御簾を隔てて高座を覗く放埒三昧・放埓三昧口から出任せを言う手の内に丸め込むレットイットビー股掌の上に玩ぶ盛昌我意に任す掌上に運らす筆に任せる専らにする顎で使う大名買い贅沢三昧弾き熟す彼方任せ義理の柵意のまま自由自在眠り声

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ままにの関連情報