みずほ銀行(株)(読み)みずほぎんこう

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

みずほ銀行(株)
みずほぎんこう

第一勧業銀行、富士銀行日本興業銀行を母体とする日本の都市銀行。総合金融グループ「みずほフィナンシャルグループ」傘下の銀行であり、三菱(みつびし)UFJ銀行、三井住友銀行とならぶ三大メガバンクの一つである。2000年(平成12)のみずほフィナンシャルグループ誕生時には、母体3行がそのまま持株会社傘下に存在していたが、2002年、個人取引を中心とする「みずほ銀行」と、大企業や海外取引を中心とする「みずほコーポレート銀行」に統合・再編された。みずほ銀行は、個人、中小・中堅企業、地方公共団体をおもな取引先とし、みずほコーポレート銀行は大企業、金融法人、海外、政府系機関などをおもな取引先としていた。しかし2002年と2011年に大規模なシステム障害を起こし、母体3行の意思疎通の悪さや再編・統合の遅れがシステム障害の遠因であるなどと批判された。こうした状況のなか、2013年にみずほ銀行とみずほコーポレート銀行は合併し、新たにみずほ銀行となった。
 2017年3月時点の資本金は1兆4040億円、従業員数2万9848、国内本支店421、海外拠点数は43。初代頭取は第一勧業銀行出身の工藤正(くどうただし)(1943― )。前身の日本勧業銀行が第二次世界大戦前、全国に拠点をもっていた農工銀行から事業を譲り受けたほか、戦後は、日本勧業銀行の宝くじ業務を継承したため、メガバンクで唯一、全都道府県に店舗を有している。[矢野 武]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

台風一過

台風が通り過ぎたあと、空が晴れ渡りよい天気になること。転じて、騒動が収まり、晴れ晴れとすること。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android