コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

みぶ羽生田産業団地

1件 の用語解説(みぶ羽生田産業団地の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

みぶ羽生田産業団地

分譲面積70.3ヘクタール。1平方メートル当たり1万5500円~1万9200円(全体で100億円超)で2012年末に分譲を始めたが、1年半で売れたのは2社で計1.7ヘクタールのみだった。今回、ファナックが残る土地をすべて買い、販売台数世界トップ工作機械数値制御(NC)装置などを作る新工場を建設することで合意。工場は16年秋以降の操業開始を目指す。税制上の優遇措置を伴う産業団地は県内に計102あり、うち21(ファナックの売約分除く)が分譲中で企業誘致を進めている。21の産業団地の合計面積は約137ヘクタール。

(2014-09-13 朝日新聞 朝刊 栃木全県 2地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

みぶ羽生田産業団地の関連キーワードヘクタールパシフィコ横浜平方メートル専有面積1坪道南杉古賀市と都市計画区域イーストビルグランフロント大阪最低基準定めた省令

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone