コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

みやぎ発展税

1件 の用語解説(みやぎ発展税の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

みやぎ発展税

法人事業税の超過課税で、現行の税率に5%をかけた値を上乗せして県が徴収する。資本金1億円、所得金額4千万円超の約8千社が対象で、5年間で150億円の税収を見込む。そのうち125億円を企業立地奨励金などによる企業誘致策に、25億円は震災対策に充てる。すでに東京都や大阪府など7都府県が法人事業税の超過課税を実施しているが、新たな実施は約30年ぶり。新税に関連して、県は進出企業のための減税措置である「企業立地促進税制」の関連条例案を11月議会に提案する。

(2007-10-13 朝日新聞 朝刊 宮城全県 2地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

みやぎ発展税の関連キーワード実効税率富裕税法人事業税法人の実効税率個人事業税見做し法人課税超過課税地方法人2税臨時特例企業税法人事業税の超過課税

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone