コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

みやざき金ふぐ

1件 の用語解説(みやざき金ふぐの意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

みやざき金ふぐ

日向灘で捕れる天然で金色をした100グラム以上のシロサバフグ。都農、川南両町の漁業者でつくる「みやざき金ふぐ振興会」の漁師たちが10月~翌年2月にはえ縄か一本釣りで捕り、すぐ生けじめにする。2009年度の漁獲量は54・4トン。10年11月に、県や県漁連が参加する協議会が、県水産物ブランド品に認証した。

(2011-08-03 朝日新聞 朝刊 宮崎全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

みやざき金ふぐの関連キーワード近海魚日向灘金色黄なる物グラム陽性菌金色世界黄金茸然で無い日向灘地震南海地震と日向灘の地震

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

みやざき金ふぐの関連情報