コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

みりん(味醂) みりん

1件 の用語解説(みりん(味醂)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

みりん【みりん(味醂)】

蒸したもち米,米こうじ,焼酎をまぜ,米のデンプンをこうじの作用で糖にかえた後,しぼって得られる甘みをもった黄色の酒。焼酎を原料とした白酒をこしたものである。江戸時代には味淋酎,美淋酒,美淋酎などとも書かれた。焼酎が日本に伝えられた16世紀後半以後製造が始まり,《毛吹草》(1638)には山城の名産と記されている。《本朝食鑑》(1697)に製法の記述がみられるが,〈酒の味甘美,蜜の如きを以て珍となすのみ〉とあり,庶民の間に普及したのは文化・文政(1804‐30)以降である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone