コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

むくつけし(読み)ムクツケシ

デジタル大辞泉の解説

むくつけ・し

[形ク]
無骨(ぶこつ)である。無作法である。無風流である。現代語としては、「むくつけき大男」のように連体形だけが用いられる。
「やれやれ―・き痩(やせ)法師の」〈仮・竹斎・上〉
気味悪い。不気味である。
「物の怪(け)のさまと見えたり。あさましく―・し」〈・若菜下〉
常軌を逸していて恐ろしい。
「(強イ風ガ)物も見えず吹き迷はして、いと―・ければ」〈野分

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android