コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

むつみ[村]

1件 の用語解説(むつみ[村]の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

むつみ[村]

山口県北部,阿武郡の村。人口2484(1995)。中国山地脊梁部北側の山間にあり,中央を阿武川の支流蔵目喜(ぞうめき)川が南流する。萩から津和野に至る石州街道が通じ,江戸時代,吉部(きべ)には代官所や駅が置かれ,市も開かれた。林野が広いが,農業が中心で米作,野菜やタバコの栽培,養鶏,肉牛の飼育などが行われ,特産にダイコンなどがある。吉部上に鎮座する吉部八幡宮と牟礼神社は,江戸時代,牛馬の守護神として崇敬された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

むつみ[村]の関連キーワード夢の街創造委員会男鹿[市]滑川[町]美馬(市)美馬市の要覧

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone