コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

むつみ[村]

世界大百科事典 第2版の解説

むつみ[村]

山口県北部,阿武郡の村。人口2484(1995)。中国山地脊梁部北側の山間にあり,中央を阿武川の支流蔵目喜(ぞうめき)川が南流する。萩から津和野に至る石州街道が通じ,江戸時代,吉部(きべ)には代官所や駅が置かれ,市も開かれた。林野が広いが,農業が中心で米作,野菜やタバコの栽培,養鶏,肉牛の飼育などが行われ,特産にダイコンなどがある。吉部上に鎮座する吉部八幡宮と牟礼神社は,江戸時代,牛馬の守護神として崇敬された。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

むつみ[村]の関連キーワード夢の街創造委員会男鹿[市]滑川[町]日光二荒山神社宝物館ビルガンジ福島区美馬(市)美馬市の要覧

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android