コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

むつ小川原開発地区

1件 の用語解説(むつ小川原開発地区の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

むつ小川原開発地区

1969年5月の新全国総合開発計画に位置づけられ、国、県、経団連などが進める計画。六ケ所村から三沢市北部に広がり、開発用地は3290ヘクタール。うち1176ヘクタールが地元企業を含む約100社に分譲済みだが、日本原燃の敷地と国家石油備蓄基地が用地のほとんどを占める(2013年3月末現在)。

(2014-04-09 朝日新聞 朝刊 青森全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

むつ小川原開発地区の関連キーワード国土総合開発法新全国総合開発計画第3次全国総合開発計画全国総合開発計画新全総定住圏第1次全国総合開発計画第五次全国総合開発計画第2次全国総合開発計画第四次全国総合開発計画

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

むつ小川原開発地区の関連情報