コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

むつ市の使用済み核燃料中間貯蔵施設

1件 の用語解説(むつ市の使用済み核燃料中間貯蔵施設の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

むつ市の使用済み核燃料中間貯蔵施設

原発で使用した核燃料を原発敷地外で貯蔵・管理する国内初の施設。事業者のリサイクル燃料貯蔵は、東京電力が80%、日本原電が20%の株式を所有する共同出資会社で、両社の原発から出る使用済み核燃料を金属の輸送容器(キャスク)に収納し搬送。最終的には貯蔵建屋2棟に計5千トンの使用済み燃料を最長で50年間保管する予定。

(2014-01-16 朝日新聞 朝刊 青森全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

むつ市の使用済み核燃料中間貯蔵施設の関連キーワード使用済み核燃料プルサーマル計画使用済み核燃料中間貯蔵施設日仏の核燃料サイクル使用済み核燃料の再処理原爆と原発大間原発核燃料サイクル関連施設核燃料サイクル政策原発敷地の活断層調査

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

むつ市の使用済み核燃料中間貯蔵施設の関連情報