コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

むつ市の使用済み核燃料中間貯蔵施設

1件 の用語解説(むつ市の使用済み核燃料中間貯蔵施設の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

むつ市の使用済み核燃料中間貯蔵施設

原発で使用した核燃料を原発敷地外で貯蔵・管理する国内初の施設。事業者のリサイクル燃料貯蔵は、東京電力が80%、日本原電が20%の株式を所有する共同出資会社で、両社の原発から出る使用済み核燃料を金属の輸送容器(キャスク)に収納し搬送。最終的には貯蔵建屋2棟に計5千トンの使用済み燃料を最長で50年間保管する予定。

(2014-01-16 朝日新聞 朝刊 青森全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

むつ市の使用済み核燃料中間貯蔵施設の関連情報