むろう・さいせい

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

むろう・さいせい

金沢市生まれの詩人、小説家。上京後に「ふるさとは遠きにありて思ふもの」の一節で知られる詩集「抒情(じょじょう)小曲集」などを発表。後に「性に目覚める頃」「杏(あんず)っ子」などの小説も手がけた。長野・軽井沢別荘を持ち、堀辰雄立原道造、川端康成らと交流した。

(2010-02-19 朝日新聞 夕刊 大文化)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android