コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

むろう・さいせい

1件 の用語解説(むろう・さいせいの意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

むろう・さいせい

金沢市生まれの詩人、小説家。上京後に「ふるさとは遠きにありて思ふもの」の一節で知られる詩集「抒情(じょじょう)小曲集」などを発表。後に「性に目覚める頃」「杏(あんず)っ子」などの小説も手がけた。長野・軽井沢に別荘を持ち、堀辰雄、立原道造川端康成らと交流した。

(2010-02-19 朝日新聞 夕刊 大文化)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

むろう・さいせいの関連キーワード平井晩村金沢市ミウォシュレニエ富士正晴WHオーデン安宅夏夫井村重雄霜田史光山本露葉

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone