コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

めっき時代(鍍金時代) めっきじだい

世界大百科事典 第2版の解説

めっきじだい【めっき時代(鍍金時代)】

マーク・トウェーンとウォーナーCharles D.Warnerとの共作小説《鍍金時代The Gilded Age》(1873)の題名に由来するこの名称は,1865年に終わった南北戦争から90年ごろまで,約4分の1世紀のアメリカ社会を指す。きんぴか時代,金箔(きんぱく)時代とも呼ぶ。この時代は,農業中心だったアメリカが工業化,商業化の傾向を強め,物質的には空前の繁栄を示し,人々が一攫千金の夢にかられて,ドル獲得に狂奔した時代であった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

めっき時代(鍍金時代)の関連キーワード基本型プリミティブ型DAIZOマウソレウムロゴポイオイシャアペンベシャール固体燃料ブライアン セッツァースティーブ ルカサー

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android