コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

めっき時代(鍍金時代) めっきじだい

1件 の用語解説(めっき時代(鍍金時代)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

めっきじだい【めっき時代(鍍金時代)】

マーク・トウェーンウォーナーCharles D.Warnerとの共作小説《鍍金時代The Gilded Age》(1873)の題名に由来するこの名称は,1865年に終わった南北戦争から90年ごろまで,約4分の1世紀のアメリカ社会を指す。きんぴか時代,金箔(きんぱく)時代とも呼ぶ。この時代は,農業中心だったアメリカが工業化,商業化の傾向を強め,物質的には空前の繁栄を示し,人々が一攫千金の夢にかられて,ドル獲得に狂奔した時代であった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

めっき時代(鍍金時代)の関連キーワード基本型プリミティブ型DAIZOロゴポイオイシャアペン土門 則夫

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone