もて僻(読み)もてひがむ

精選版 日本国語大辞典の解説

もて‐ひが・む【もて僻】

(「もて」は接頭語)
[1] 〘自マ四〙 一風変わる。ひねくれる。
源氏(1001‐14頃)若紫「かやうにても、なべてならずもてひがみたる事、好み給御心なれば」
[2] 〘他マ下二〙
① 普通と変わった様子をする。風変わりなさまをする。
※源氏(1001‐14頃)松風「ましてもてひかめたる頭つき、心おきてこそ頼もしげなけれど」
② ふだんの様子を変なふうにかえる。また、ゆがめる。
※源氏(1001‐14頃)紅葉賀「かうあらぬさまにもてひがめて、恐ろしげなる気色を見すれど」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

公示地価

地価公示法(昭和44年法律第49号)に基づき、国土交通省が毎年1回公示する標準地の価格のこと。「住宅地」「商業地」「宅地見込地」「準工業地」「工業地」「市街化調整区域内宅地」「市街化調整区域内林地」に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android