コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ものさし(物差/物指) ものさし

百科事典マイペディアの解説

ものさし(物差/物指)【ものさし】

長さを測る道具で,ふつう細長い物体に長さの目盛をつけたもの。まっすぐ1本の直尺,巻きとれる巻尺,折りたためる畳尺(折れ尺など),本枝と副枝の間にはさんで測るはさみ尺等があり,材料には竹,木,プラスチック金属などが使われる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

ものさし(物差/物指)の関連キーワード度量衡

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android