コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ものさし(物差/物指) ものさし

百科事典マイペディアの解説

ものさし(物差/物指)【ものさし】

長さを測る道具で,ふつう細長い物体に長さの目盛をつけたもの。まっすぐ1本の直尺,巻きとれる巻尺,折りたためる畳尺(折れ尺など),本枝と副枝の間にはさんで測るはさみ尺等があり,材料には竹,木,プラスチック,金属などが使われる。製造・修理・検定等は計量法により規制され,1959年1月から尺や鯨尺(くじらじゃく)やインチのものさしは製造,取引・証明上の使用を禁止。その後1977年に,尺や寸に相当する目盛のところへ,(10/33)メートルとか(1/33)メートルなどと示したものさしは製造・販売してもよいことになった。→度量衡

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android