コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ものさし(物差/物指) ものさし

1件 の用語解説(ものさし(物差/物指)の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

ものさし(物差/物指)【ものさし】

長さを測る道具で,ふつう細長い物体に長さの目盛をつけたもの。まっすぐ1本の直尺,巻きとれる巻尺,折りたためる畳尺(折れ尺など),本枝と副枝の間にはさんで測るはさみ尺等があり,材料には竹,木,プラスチック,金属などが使われる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

ものさし(物差/物指)の関連キーワード尺度張力度量衡糸尺度器ふつと指尺物差浮きばかり底どり

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone