コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ものさし(物差∥物指) ものさし

世界大百科事典 第2版の解説

ものさし【ものさし(物差∥物指)】

ものさしは細長い棒や板あるいは紐やテープに目盛をつけて,その目盛で長さをはかる計量器で,日常生活で長さをはかる道具として身近にある長さ計である。 ものさしの歴史はきわめて古い。インドにおいて前3000年にものさしを使用した例がある。長い間使用してきているが,目盛間隔の大きさにその歴史がある。古代オリエントにおける長さの基礎はひじの長さに始まるキュビト(約50cm)で,中国では手幅に始まる尺(約18cm)である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のものさし(物差∥物指)の言及

【度量衡】より


[語義と出典]
 度,量,衡の3文字は順に,長さ,体積,質量を意味し,同時にそれぞれをはかるための道具(ものさし,枡,はかり)や基準を意味する。なお衡と類縁の文字で権(けん)というのもあるが,これは,はかりそのものではなく,分銅のほうを指す。…

※「ものさし(物差∥物指)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android