コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

もんじゅの事故と経過

1件 の用語解説(もんじゅの事故と経過の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

もんじゅの事故と経過

もんじゅは1994年に初臨界。翌95年12月、原子炉の出力上昇中に配管から冷却材のナトリウムが漏れ、火災が発生した。原因は配管内の温度計のさや管が設計ミスで折れたためだった。住民らが原子炉の設置許可無効を求めた行政訴訟は、2003年の高裁判決で原告側が勝訴したものの、05年5月の最高裁判決で一転敗訴が確定。同9月に運転再開に向けた改造工事が始まり、07年に完了した。しかし、その後もナトリウム漏れ検出器の誤警報や自治体への通報遅れなどが続発し、運転再開が延期されていた。

(2010-04-16 朝日新聞 朝刊 1総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

もんじゅの事故と経過の関連キーワードもんじゅ受配臨界圧力神呪モンジュイック文殊八字法超臨界領域レモンジュース