コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

もんじゅの今後

1件 の用語解説(もんじゅの今後の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

もんじゅの今後

7月後半ごろまで低い出力で運転し、制御棒の動きや炉心内の温度変化などを調べる試験を行う。本格的に出力を上げていくのは、来春以降の見通し。まず40%の出力で運転し、タービンを回して発電する「40%出力プラント確認試験」を実施。2012年からは、出力を100%に上げるための「出力上昇試験」に入る予定という。翌13年春ごろからは、100%出力を継続させる本格運転を始める計画だ。もんじゅは10年程度かけて研究データを得れば、当初の役割を終える。その後は施設の存廃も含めて決まっていないが、廃炉にする場合は、少なくとも約2千億円の費用がかかるという。日本原子力研究開発機構の幹部は「将来は核燃料の研究開発施設として存続させたい」と話す。

(2010-05-09 朝日新聞 朝刊 1社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

もんじゅの今後の関連キーワード制御棒力織機丑三つ運転代行折返し運転子一つ過労運転の下命・容認制御棒抜き再起動

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

もんじゅの今後の関連情報