コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

やな(簗) やな

1件 の用語解説(やな(簗)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

やな【やな(簗)】

河川の一部を仕切って木や竹を並べ立て,魚の通路をふさいでこれを捕らえるという漁法は,東南アジアを中心に世界各地で見られるが,中国では《周礼》に〈梁は水偃なり,水を偃きて関空をなし,笱を以てその空を承く〉とあり,日本ではアユを捕るための〈ひまさぎる簗〉は《古事記》《日本書紀》にも見られる。〈簗〉は和字であり,〈魚梁〉と書いて〈やな〉と読ませることもある。小枝や細竹をびっしり並べた間の一部をあけて,そこに〈簀棚(すだな)〉を斜めに張って,泳いでくる魚をその簀の上に受けて捕らえる装置で,簀棚の代りに(うけ)をおくものを〈筌簗(うけやな)〉,袋網を設置するものを〈袋網簗〉という。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のやな(簗)の言及

【うけ(筌)】より

…筌への魚族誘致の方法は,(1)強制ならびに迷入陥穽装置と連結せしめての誘導,(2)餌料などによる誘惑,(3)魚族の習性に応じてその好む状況を人工的に作っての誘致に分けられる。(1)はたとえば筌が(やな)と結合され,その集魚捕獲装置として使用されるような場合で,このような事情のためか筌を〈やな〉と呼んでいる所もあるという。ほかに簗以外の魚類誘導施設もあった。…

【漁具】より

…アナゴ筒,蛸壺,イカ籠,エビ・カニ籠などは簡単な構造であるが実用性の高い漁具である。河川に組まれるやな(簗)も陥穽具の一種だが,上流から下ってくる魚をとる〈下りやな〉と遡上してくるものをとる〈上りやな〉とがある。
[副漁具]
 魚群の探索に用いるもの,魚群の駆集・誘集に用いるもの,主漁具の運用に用いるもの(漁労機械と呼ばれることが多い)がある。…

※「やな(簗)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone