コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

やらせメール問題

1件 の用語解説(やらせメール問題の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

やらせメール問題

玄海原発の運転再開をめぐり、国が企画し、2011年6月26日に放送された佐賀県民向けの説明番組で、九電の指示を受け同社や関連会社の社員が再開に賛成の立場からの意見をメールなどで番組に投稿した。その5日前の21日、九電幹部が佐賀県知事公舎で古川康知事と会談した際、知事が「再開容認の立場からも意見を出してほしい」と発言したことが発端だと九電の第三者委員会が認定した。しかし九電は、国への報告書で知事の関与をみとめなかった。枝野経産相の批判をうけた当時の真部利応社長、松尾新吾会長は12年になって引責辞任した。

(2013-02-26 朝日新聞 朝刊 2経済)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

やらせメール問題の関連キーワード玄海原子力発電所島めぐり関電美浜原発3号機の蒸気噴出事故原発の老朽化EPZ(防災対策を重点的に充実すべき地域の範囲)原発の緊急安全対策古川康・佐賀県知事と九電幹部3人の会談古川知事発言メモ九電やらせメール問題これまでの老朽化原発の運転継続

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

やらせメール問題の関連情報