コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゆかた(浴衣) ゆかた

1件 の用語解説(ゆかた(浴衣)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ゆかた【ゆかた(浴衣)】

木綿のゆかた地で単(ひとえ)仕立てにした夏の家庭着。昔,貴人が入浴のときに着た湯帷子(ゆかたびら)から転じた。本来は麻であったが,江戸時代木綿地とふろ屋の普及によって,一般にも湯上りに用いられるようになった。雨合羽のかわりに使った記録もあるが,湯上りだけでなく,庶民の夏の家庭着として,また古いゆかたは寝巻やおしめとして用いられた。人前で着るものとして扱われなかったゆかたが,男女ともに外出にも着るようになったのは明治中期以後,上物ができたからである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のゆかた(浴衣)の言及

【中形】より

…中型紙(鯨尺3寸7分~7寸5分)によって染めた柄の名称。おもに夏用の木綿ゆかたに用いられたので,ゆかたの別名ともなった。絵画的な図柄が多く,地染に模様を白く染め抜いたものと,地白に色模様を染め出したものの2種がある。…

【風呂】より

…元禄期(1688‐1704)前後からこの風習も乱れたというが,下盥は天保期(1830‐44)ころまで使われていた。ゆかた(浴衣)は,ゆかたびら(湯帷子)の略といわれ,朝廷では新嘗祭,大嘗祭などの神事に,天皇が湯あみする際に着用するゆかたびらを〈天羽衣(あまのはごろも)〉と呼んでいた。徳川将軍家では,浴後身体をぬぐうのにゆかたを幾度も着替えて,手拭を用いなかったという。…

※「ゆかた(浴衣)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ゆかた(浴衣)の関連キーワード湯帷子虚木綿の額仕立て黒鴨仕立て仕立て際単襲比翼仕立て別仕立て仕立て上り仕立て物

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone