コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

よしもと-ばなな

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

よしもと-ばなな

1964- 昭和後期-平成時代の小説家。
昭和39年7月24日生まれ。吉本隆明の次女。昭和62年「キッチン」で海燕新人文学賞,63年泉鏡花文学賞。平成元年「うたかた/サンクチュアリ」ほかで芸術選奨新人賞,「TUGUMI」で山本周五郎賞。いずれも同世代の支持をえてミリオンセラーとなる。12年「不倫と南米」でBunkamura ドゥ マゴ文学賞。23年イタリアの文学賞のカプリ賞を受賞。東京都出身。日大卒。本名は真秀子(まほこ)。作品はほかに「とかげ」「白河夜船」「アルゼンチンババア」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

よしもと-ばななの関連キーワード新藤兼人中平康ジュネーブ道路交通条約森一生コンゴ動乱石井桃子加藤泰コーマンゴダール(Jean-Luc Godard)篠田正浩

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

よしもと-ばななの関連情報