らしんばん座(羅針盤座)(読み)らしんばんざ(英語表記)Pyxis

翻訳|Pyxis

世界大百科事典 第2版の解説

らしんばんざ【らしんばん座(羅針盤座) Pyxis】

略号はPyx。春の地平線近くにのぼる星座ギリシア時代はアルゴ座と呼ばれ,ギリシア伝説の遠征船アルゴをかたどった巨大星座の一部であったが,フランスの天文学者N.L.ラカイユは4分割し(1752),その東北の小部分をPyxis(羅針盤の箱)と命名した。しかし,そののちJ.ラランドがほばしら座Malusとし,アルゼンチンで南天の星の観測を行ったB.A.グールドは再びらしんばん座を提唱し,これが1922年国際天文連合で正式に採用された。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android