コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

りゅうこつ座 りゅうこつざCarina

翻訳|Carina

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

りゅうこつ座
りゅうこつざ
Carina

竜骨座。3月の宵に南中する南天の星座。概略位置は赤経8時 40分,赤緯-62°。アルゴ座を N.ラカイユが4つに分割したうちの一座。α星カノープスシリウスに次ぐ全天第2の輝星。η星は過去数回爆発を起し,反復新星とも異なる特異な新星である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

りゅうこつ座
りゅうこつざ / 竜骨座

冬の宵の南の地平線上に見える大星座。その全容は、グアム島あたりの低緯度まで南下しないと見ることができない。アルゴ座を4分割したものの一つで、アルゴ船の船体の部分を形づくっているが、船の形をそこに想像するのは少々やっかいといえる。星座の東半分が天の川の中に浸っており、明るい星が多くたいへん華やかな星座であるが、なかでも全天で第2位の明るさを誇るカノープス(マイナス0.7等星)の輝きが目をひく。ただし、南の地平線すれすれのところにしか姿を現さないため、日本国内では実際の明るさよりずっと暗い星としてしか見えず、しかも東北地方中部以北では南の地平線上に顔を出さないので見ることもできない。そのようなことから、日本や中国ではこの星を見ることは縁起のよいこととされ、南極老人星、老人星、寿星(じゅせい)などともよばれている。[藤井 旭]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

りゅうこつ座の関連キーワードとびうお座(飛魚座)とびうお座鞍掛星超巨星竜骨座がか座藤井ほ座

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android