コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

りゅう座(竜座) りゅうざ Draco

翻訳|Draco

1件 の用語解説(りゅう座(竜座)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

りゅうざ【りゅう座(竜座) Draco】

略号はDra。北天の大星座。北極をとりまき,おおくま座,こぐま座にはさまれ,細長く北天を半周する。ギリシア神話では,ヘスペリデスが守る金のリンゴの番人である巨竜ラドンで,英雄ヘラクレスの12の難行の一つが,このヘスペリデスの園のリンゴをとることであった。ヘラクレスは彼女たちの父アトラス肩代りとして天球を支え,代りにリンゴをとってもらった。α星トゥバン(竜)は光度3.65等,A0型の巨星で竜の胴の中央部に当たる星だが,前3000年ころには天の北極にもっとも近い輝星であり,古代エジプトではこれが北極星の役を果たしていた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のりゅう座(竜座)の言及

【トビトカゲ】より

…翼膜を広げ滑空することができるアガマ科トビトカゲ属Dracoに属するトカゲの総称。インド,東南アジア,中国南部,フィリピンにマライトビトカゲD. volans(イラスト)など17種ほどが分布する。…

※「りゅう座(竜座)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

りゅう座(竜座)の関連キーワード子午線ペガスス座ヘルクレス座北辰海豚座麒麟座白鳥座鳳凰座帆座竜座

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone