コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

りょうけん座(猟犬座) りょうけんざ Canes Venatici

1件 の用語解説(りょうけん座(猟犬座)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

りょうけんざ【りょうけん座(猟犬座) Canes Venatici】

略号はCVn。北天のおおくま座とうしかい座にはさまれた天域の小星座。うしかいの巨人の左手に握った首紐の先に2匹の猛犬が熊にたちむかう姿で,古来おおくま座の一部であったのを17世紀にドイツ人J.ヘベリウスの手により独立星座として制定された。2匹の犬はアステリオン,カラの名がある。α星コル・カロリ(〈チャールズの心臓〉の意)はα12と分かれる二重星で,α1星は光度5.6等,F0型星,α2星は光度2.9等,A0型特異星で,スペクトル中にケイ素ユーロピウムなどの線が強く,周期5.46939日の変光星で,磁場の強さも同じ周期で変化する磁変星として有名。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

りょうけん座(猟犬座)の関連キーワード大隈言足大隅言道大隈大熊座小馬座蜥蜴座牛飼座後張の大口大隈熊子上牛養

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone