コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ろ(濾)波器 ろはき

百科事典マイペディアの解説

ろ(濾)波器【ろはき】

フィルター

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内のろ(濾)波器の言及

【フィルター】より

…元来は,濾紙(ろし)などの流体中に含まれる固形物を取り除くための多孔性の装置(濾過器)のことであるが,各種の振動現象を対象にして,波長を異にする多くの部分振動成分の中から,特定の波長領域内の成分だけを取り出す装置もフィルターと呼ばれる。光については,サングラスなどの色ガラスや,干渉を利用して狭い波長領域だけを通過させる光学フィルターがあり,電気工学分野では濾波器と呼ばれている。濾過(ろか)
[光学フィルターoptical filter]
 光を一様に吸収してその強さを弱めたり,特定の波長領域の光のみを選択的に吸収して分光分布を変えたり,あるいは特定の波長のみを取り出す目的で用いられるものを光学フィルターという。…

※「ろ(濾)波器」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android