コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ろくぶんぎ座(六分儀座) ろくぶんぎざSextans

翻訳|Sextans

世界大百科事典 第2版の解説

ろくぶんぎざ【ろくぶんぎ座(六分儀座) Sextans】

略号はSex。しし座の南に位置する春の星座。ドイツ人J.ヘベリウスによって創設された。1679年9月ダンチヒ(現,グダンスク)の大火で焼失したヘベリウス愛用の六分儀を記念してここにおいた。輝星はない。概略位置は赤経10h10m,赤緯-1゜。午後8時の南中は4月下旬である。【石田 五郎

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ろくぶんぎ座(六分儀座)の関連キーワード半陰陽アレン(Woody Allen)性分化疾患DSD井出栞勝生真沙子七緒はるひ根本圭子金光宣明木乃江祐希

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android