コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ろ紙(濾紙)(読み)ろし(英語表記)filter paper

翻訳|filter paper

世界大百科事典 第2版の解説

ろし【ろ紙(濾紙) filter paper】

ろ過の目的でつくられた多孔質の紙。すなわち水になじみやすく,しかも酸やアルカリあるいは各種溶媒に強く,無機物質を含まない繊維でつくられた均一な紙であることが必要である。したがって普通の紙と違い,ペクチン,蠟(ろう),油脂,タンパク質無機質などが除かれている。ろ紙はその使用目的にしたがって各種のものがつくられている。定性分析や普通の一般ろ過用には定性ろ紙が用いられるが,これは焼いたときの灰分が多いものである。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android