コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

わし座(鷲座) わしざ Aquila

翻訳|Aquila

1件 の用語解説(わし座(鷲座)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

わしざ【わし座(鷲座) Aquila】

略号はAql。天の川沿いに見える初夏の星座。ギリシア神話では大神ゼウストロイア美少年ガニュメデスをさらうために化身した大鷲の姿で,ガニュメデスは星座ではみずがめ座の水がめをかつぐ少年の姿になっている。α星アルタイル(とぶ鷲)は光度0.8等,A7型の輝星で,七夕の牽牛星(和名は彦星)として有名である。両脇に光度3.9等のβ星,光度2.7等のγ星を従え,三ッ星のように一直線に並ぶが,中国ではこれを河鼓三星と呼び,日本では〈犬飼星〉と呼んでいる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

わし座(鷲座)の関連キーワード天の川湯の川温泉川沿い冠座暁天の星琴座白鳥座鳳凰座仄見える目に見える

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone