コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

わし座(鷲座) わしざAquila

翻訳|Aquila

1件 の用語解説(わし座(鷲座)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

わしざ【わし座(鷲座) Aquila】

略号はAql。天の川沿いに見える初夏の星座。ギリシア神話では大神ゼウストロイア美少年ガニュメデスをさらうために化身した大鷲の姿で,ガニュメデスは星座ではみずがめ座の水がめをかつぐ少年の姿になっている。α星アルタイル(とぶ鷲)は光度0.8等,A7型の輝星で,七夕の牽牛星(和名は彦星)として有名である。両脇に光度3.9等のβ星,光度2.7等のγ星を従え,三ッ星のように一直線に並ぶが,中国ではこれを河鼓三星と呼び,日本では〈犬飼星〉と呼んでいる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

わし座(鷲座)の関連キーワードマーベラスAQL牧場物語 はじまりの大地ルーンファクトリー4牧場物語 つながる新天地最大光度

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone