わらじ(草鞋)(読み)わらじ

世界大百科事典 第2版の解説

わらじ【わらじ(草鞋)】

鼻緒式はきものの一種。一般に稲わらでつくるが,麻,ブドウやフジなどのつる,布きれを併せ用いるものなどがある。わらで足の形に台を編み,爪先の2本の緒を左右にある乳(ち)(緒を通す輪)に通し,さらにかえし(踵(かかと)にある返し輪)に通して足首に結びつける。長時間の労働や遠方への歩行などに用いられてきた。奈良時代に唐から伝わったくつ形の草鞋(わらぐつ)が平安時代末期に現在のような鼻緒式のわらじに改良され,〈わらうず〉と呼んだ。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

口永良部島

鹿児島県南部,大隅諸島,屋久島の北西約 12kmにある火山島。活火山で,常時観測火山。屋久島町に属する。霧島火山帯に属し,西に番屋ヶ峰(291m),東に最高点の古岳(657m)と新岳(626m)があり...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android