コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アイソスピンの保存

1件 の用語解説(アイソスピンの保存の意味・用語解説を検索)

素粒子事典の解説

アイソスピンの保存

アイソスピンとは、アップクォークダウンクォークに、大きさ1/2のベクトルを対応させたとき、スピンと同様の算術や対称性が成り立つことから提唱された量である(アイソスピンの項参照)。 強い力による反応の前後において、アイソスピンは保存する(実際には,アップクオークダウンクオークの質量がわずかばかり違うためこの保存則は近似的に成り立つ)。これは、強い力において、アップクォークとダウンクォークが保存し、これらのクォークの対称性が反応において維持されることの結果である。これにより、たとえば、中性のロー中間子が、荷電パイ中間子対に崩壊はするが、中性パイ中間子対には崩壊しないことが説明できる。 電磁相互作用においては、アイソスピンは保存しない。これは、アップクォークとダウンクォークの電荷が違うことから明らかである。また、弱い力においても、アイソスピンは保存しない。

出典|素粒子事典
(C) Copyright 1996-2010 Sadaharu UEHARA and Junpei SHIRAI
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アイソスピンの保存の関連キーワード核子アイソスピンアップクオークダウンクオークラムダc粒子ラムダb粒子トッポニウムアップクォークダウンクォークストレンジクォーク

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone