アイソスピンの保存

素粒子事典の解説

アイソスピンの保存

アイソスピンとは、アップクォークダウンクォークに、大きさ1/2のベクトルを対応させたとき、スピンと同様の算術や対称性が成り立つことから提唱された量である(アイソスピンの項参照)。 強い力による反応の前後において、アイソスピンは保存する(実際には,アップクオークダウンクオーク質量がわずかばかり違うためこの保存則は近似的に成り立つ)。これは、強い力において、アップクォークとダウンクォークが保存し、これらのクォークの対称性が反応において維持されることの結果である。これにより、たとえば、中性のロー中間子が、荷電パイ中間子対に崩壊はするが、中性パイ中間子対には崩壊しないことが説明できる。 電磁相互作用においては、アイソスピンは保存しない。これは、アップクォークとダウンクォークの電荷が違うことから明らかである。また、弱い力においても、アイソスピンは保存しない。

出典 素粒子事典素粒子事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

オジー オズボーン

職業・肩書ロック歌手国籍英国生年月日1948年12月3日出生地ウォーリックシャー州アストン本名Osbourne,Johnグループ名旧グループ名=ブラック・サバス〈Black Sabbath〉経歴友人ト...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android