コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アイットベンハドゥ Ksar of Aït-Ben-Haddou

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アイットベンハドゥ
Ksar of Aït-Ben-Haddou

モロッコ中央部,ウアルザザテの西 20kmの大アトラス山脈の山腹に残る要塞村。ベルベル人によって造られたものであるが,建設時期は不明。村全体を防壁で囲み,内部には迷路のような道がはりめぐらされ,一般の民家のほかカスバ (大邸宅) や倉庫,学校,モスクなどが密集している。建物はマグレブ地方に伝わる先イスラム期の古代建築技法で築かれ,赤土の外壁には装飾が施されている。クサールと呼ばれる要塞集落は数多くあるが,そのほとんどが風化によっていたみが激しいなか,アイットベンハドゥの保存状態はよく,映画の舞台にも登場した。 1987年世界遺産の文化遺産に登録。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

アイット‐ベン‐ハドゥ(Aït-Ben-Haddou)

モロッコ中部の都市ワルザザートの西約30キロメートルに位置する集落。オートアトラス山脈の南に点在する要塞化された村の一つ。丘の斜面に日干し煉瓦(れんが)で築かれている。1987年「アイットベンハドゥの集落」の名で世界遺産(文化遺産)に登録された。アイト‐ベン‐ハッドゥ。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

アイットベンハドゥの関連キーワード超伝導胎内市ロード大会液体ヘリウム超伝導クライオポンプ化学装置原始星超伝導マグネット熱電対ミュラー(スイスの物理学者 Karl Alex Müller)

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android