コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アイットベンハドゥ アイットベンハドゥ Ksar of Aït-Ben-Haddou

2件 の用語解説(アイットベンハドゥの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アイットベンハドゥ
アイットベンハドゥ
Ksar of Aït-Ben-Haddou

モロッコ中央部,ウアルザザテの西 20kmの大アトラス山脈の山腹に残る要塞村。ベルベル人によって造られたものであるが,建設時期は不明。村全体を防壁で囲み,内部には迷路のような道がはりめぐらされ,一般の民家のほかカスバ (大邸宅) や倉庫,学校,モスクなどが密集している。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

アイット‐ベン‐ハドゥ(Aït-Ben-Haddou)

モロッコ中部の都市ワルザザートの西約30キロメートルに位置する集落。オートアトラス山脈の南に点在する要塞化された村の一つ。丘の斜面に日干し煉瓦(れんが)で築かれている。1987年「アイットベンハドゥの集落」の名で世界遺産文化遺産)に登録された。アイト‐ベン‐ハッドゥ。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アイットベンハドゥの関連キーワードモロッコ革トゥブカル山モロッカンアシラアズムールウリカ谷カスバ街道タウリルトのカスバティフルトゥトのカスバワルザザート

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone