コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アイットベンハドゥ アイットベンハドゥKsar of Aït-Ben-Haddou

2件 の用語解説(アイットベンハドゥの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アイットベンハドゥ
アイットベンハドゥ
Ksar of Aït-Ben-Haddou

モロッコ中央部,ウアルザザテの西 20kmの大アトラス山脈の山腹に残る要塞村。ベルベル人によって造られたものであるが,建設時期は不明。村全体を防壁で囲み,内部には迷路のような道がはりめぐらされ,一般の民家のほかカスバ (大邸宅) や倉庫,学校,モスクなどが密集している。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

アイット‐ベン‐ハドゥ(Aït-Ben-Haddou)

モロッコ中部の都市ワルザザートの西約30キロメートルに位置する集落。オートアトラス山脈の南に点在する要塞化された村の一つ。丘の斜面に日干し煉瓦(れんが)で築かれている。1987年「アイットベンハドゥの集落」の名で世界遺産文化遺産)に登録された。アイト‐ベン‐ハッドゥ。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

アイットベンハドゥの関連キーワード超伝導胎内市ロード大会

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone