コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アイヌ民族遺骨問題

1件 の用語解説(アイヌ民族遺骨問題の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

アイヌ民族遺骨問題

和人による北海道開拓が本格的に始まった明治以降、旧帝国大学の研究者らが、アイヌ民族の骨格研究などを目的として、道内をはじめ、樺太(サハリン)や千島列島で、土葬された墓地を掘り起こすなどして収集した。アイヌ民族側からは、一部は無断で掘り起こされた「盗計との指摘がある。刀や装飾品など遺骨とともに持ち去られた副葬品についても返還を求める声がある。

(2013-08-03 朝日新聞 朝刊 1社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アイヌ民族遺骨問題の関連キーワード樺太開拓使北海道開拓記念館北海道開拓使北海道開発庁穂別[町]本別[町]北海道開発の行政組織北海道札幌市厚別区厚別町小野幌北海道開拓北海道開拓兌換証券

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone