コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アイマーク EYE マーク

大辞林 第三版の解説

アイマーク【EYE マーク】

出版物の著作者が、目の不自由な人などに対して、著作物の再利用を許諾するマーク。利用者はマーク付きの出版物について、録音図書・拡大写本・テキスト-データなどへの複製利用が可能となる。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内のアイマークの言及

【チャハール・アイマーク】より

…アフガニスタン西部の部族。意味はチャハール(ペルシア語で〈4〉の意),アイマーク(モンゴル語,トルコ語で〈部族〉の意)。ハザーリーHazārī,ジャムシーディーJamshīdī,フィールーズクーヒーFīrūzkūhī,タイマーニーTaymānīの4部族を指す。…

※「アイマーク」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

アイマークの関連キーワードチャハール・アイマーク著作者Mach著作物出版物

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android