コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アインシュタイン=ド・ハース効果 アインシュタインドハースこうかEinstein‐de Haas effect

世界大百科事典 第2版の解説

アインシュタインドハースこうか【アインシュタイン=ド・ハース効果 Einstein‐de Haas effect】

磁性体が磁化したことによりその試料に力学的回転運動が生ずる現象。1915年,A.アインシュタインとド・ハースWander Johannes de Haas(1878‐1960)によって発見された。磁性体の棒をつり下げ,これにコイルを巻いて電流を通じて磁化⊿Mを生ぜしめれば,磁気の担い手のもつ角運動量には, ⊿M=γ⊿Jmagで与えられる変化⊿Jmagが生ずる(γは磁気角運動量比)。磁性体の全運動量は変わらないから,は試料全体の回転運動の角運動量変化として与えられ,したがって試料には力学的なトルクが働く。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

アインシュタイン=ド・ハース効果の関連キーワードバーネット効果磁気回転効果磁気

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android