コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アインシュタイン=ド・ハース効果 アインシュタインドハースこうか Einstein‐de Haas effect

1件 の用語解説(アインシュタイン=ド・ハース効果の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

アインシュタインドハースこうか【アインシュタイン=ド・ハース効果 Einstein‐de Haas effect】

磁性体が磁化したことによりその試料に力学的回転運動が生ずる現象。1915年,A.アインシュタインとド・ハースWander Johannes de Haas(1878‐1960)によって発見された。磁性体の棒をつり下げ,これにコイルを巻いて電流を通じて磁化⊿Mを生ぜしめれば,磁気の担い手のもつ角運動量には, ⊿M=γ⊿Jmagで与えられる変化⊿Jmagが生ずる(γは磁気角運動量比)。磁性体の全運動量は変わらないから,は試料全体の回転運動の角運動量変化として与えられ,したがって試料には力学的なトルクが働く。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

アインシュタイン=ド・ハース効果の関連キーワード磁性体強磁性体磁化磁気誘導自発磁化電磁石励磁磁気飽和反磁界非磁性体

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone