コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アイーナ島 アイーナトウ

2件 の用語解説(アイーナ島の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

アイーナ‐とう〔‐タウ〕【アイーナ島】

AiginaΑίγινα》⇒エギナ島

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アイーナ島
あいーなとう
AiyinaeEgina

ギリシア南部、サロニカ湾にある島。ピレウス南南西、船で1時間15分の距離に位置する。面積82.6平方キロメートル、人口約1万1000。山がちで乾燥した不毛の土地だが、良質の陶土のほか、フィスティキ(ナッツ類)、ワインオリーブ油イチジクを産する。最高点はエリアスAirias山頂で531メートル。島の北東部の村バスィBathiには温泉がある。中心都市はアイーナ。古代にポリス都市国家)のアイギナAiginaが成立し、紀元前6世紀には海運で栄えたが、アテネとの争いに敗れて衰微した。アファイア神殿など古代の遺跡が残っている。[真下とも子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アイーナ島の関連キーワードアイギナ島ΑίγιναΆγιος ΝικόλαοςΑγία ΓαλήνηΑγία ΜαρίναΆγιον Οροςエギナ島ΕλευσίναΓιάννιναΑγία Σοφία