コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アウィディウス・カッシウス Gaius Avidius Cassius

世界大百科事典 第2版の解説

アウィディウス・カッシウス【Gaius Avidius Cassius】

?‐175
ローマの総督。シリアのキュロス出身。ルキウス・ウェルス帝のパルティア遠征に指揮官として従軍した後,シリア総督,全アシア総督となる。172年エジプトにおける反乱を鎮圧。175年,マルクス・アウレリウス帝がドナウ川で死亡したという噂が広まると,自ら皇帝と称し,ビテュニアカッパドキアを除くオリエント諸属州とエジプトを約3ヵ月間支配したが,マルクス・アウレリウス帝のローマ帰還により反乱は失敗し,自分の兵士により殺された。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

アウィディウス・カッシウスの関連キーワードマルクス・アウレリウス中東史(年表)

今日のキーワード

118番の日

1月18日。海上保安庁への緊急通報用電話番号である「118」の啓発活動を行い、海の安全確保に努める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android