コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アウルス・ポストゥミウス あうるすぽすとぅみうす

世界大百科事典内のアウルス・ポストゥミウスの言及

【ディオスクロイ】より

…また後代の伝承では,2人は天に上って双子座の星になったとされ,嵐の夜,船の帆柱の先端に現れる光(〈セント・エルモの火〉と呼ばれる放電現象)は,船乗りの守護神たる彼らの出現と信じられた。 ローマでは,前496年,ローマ人がラティニ族とレギルス湖畔で戦ったおり,双子神がローマ軍の味方をしたと信じられ,戦闘の最中に,時の独裁官アウルス・ポストゥミウスAulus Postumiusが神殿の奉献を誓った。この神殿はローマ市のフォルムのウェスタ神殿の向いに建造され(3本の柱が現存),双子神はローマ騎士の守護神としてあつくあがめられた。…

※「アウルス・ポストゥミウス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android