コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アエミリウス・パウルス Lucius Aemilius Paullus Macedonicus

世界大百科事典 第2版の解説

アエミリウス・パウルス【Lucius Aemilius Paullus Macedonicus】

前228ころ‐前160
パトリキ名門出身のローマの将軍。小スキピオの父。ヒスパニア,リグリア鎮圧に功を挙げ,前168年コンスル(執政官)として第3次マケドニア戦争を指揮。ペルセウス王をピュドナの戦に破り,ローマの東方支配を決定づけた。エピルス地方のモロシ族国家全住民の奴隷化(約15万人)を含む戦後処理の後,凱旋。戦利品により以後ローマ国民は直接税を免れた。ヘレニズム愛好家としても知られる。【栗田 伸子

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

アエミリウス・パウルスの関連キーワードスキピオ・アエミリアヌススキピオ(小)カンネーの戦いスキピオ[小]ファビウス家ピドナの戦いポエニ戦争パウルス

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android