アエミリウス・パウルス(英語表記)Lucius Aemilius Paullus Macedonicus

世界大百科事典 第2版の解説

アエミリウス・パウルス【Lucius Aemilius Paullus Macedonicus】

前228ころ‐前160
パトリキ名門出身のローマの将軍。小スキピオの父。ヒスパニア,リグリア鎮圧に功を挙げ,前168年コンスル(執政官)として第3次マケドニア戦争を指揮。ペルセウス王をピュドナの戦に破り,ローマの東方支配を決定づけた。エピルス地方のモロシ族国家全住民の奴隷化(約15万人)を含む戦後処理の後,凱旋。戦利品により以後ローマ国民は直接税を免れた。ヘレニズム愛好家としても知られる。【栗田 伸子

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android