コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アオカマス

栄養・生化学辞典の解説

アオカマス

 [Sphyraena japonica].ヤマトカマスともいう.スズキ目カマス科の海産魚で,35cmになる.食用魚.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アオカマス
あおかます / 青・青
blackfin barracuda
[学]Sphyraena nigripinnis

硬骨魚綱スズキ目カマス科に属する海水魚。本州中部以南の沿岸に広く分布する。体は細長く、下あごが突出し、目は小さく、両あごの歯は鋭い。側線鱗(そくせんりん)は小さくて120枚以上あり、各ひれは黒色。全長約40センチメートル。肉は白くて淡泊であり、干物、塩焼きや煮魚として風味がある。長い間使用されてきた本種の学名は問題があり、検討がなされている。[落合 明・尼岡邦夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のアオカマスの言及

【カマス】より

…スズキ目カマス科カマス属の3種アカカマスSphyraena pinguis(イラスト),ヤマトカマスS.japonica(イラスト),アオカマスS.nigripinnisの混称。いずれも本州中部以南の各地の沿岸に見られる。…

※「アオカマス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

アオカマスの関連キーワードSphyraena japonica魳・梭魚・魣・梭子魚

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android