コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アオダイショウ(青大将) アオダイショウElaphe climacophora

世界大百科事典 第2版の解説

アオダイショウ【アオダイショウ(青大将) Elaphe climacophora】

日本産では最大のナミヘビ科のヘビで,無毒(イラスト)。北海道~九州,対馬,大隅諸島伊豆諸島の一部などの離島および国後島に分布。全長の平均は約1.5m,大きな個体は2mを超える。体色はふつう褐色を帯びたオリーブ色で,その名のとおり脱皮直後は明るいグレーがかった藍色となり,また脱皮が近づくにつれて,頭からにかけて走る4本の暗色縞模様が目だってくる。生後1~2年までの若い個体は,マムシに似た暗褐色の帯模様が背面に並ぶので混同されるが,尾が短くずんぐりしたマムシに比べ胴も尾も細長く,瞳孔が縦長でない点で区別がつく。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

アオダイショウ(青大将)の関連キーワード里回り

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android