コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アオツヅラフジ

百科事典マイペディアの解説

アオツヅラフジ

カミエビとも。ツヅラフジ科の落葉性の木性つる植物。本州〜沖縄,東アジアに分布し山野にはえる。葉は長い柄があって互生し,卵形で,ときに3浅裂。夏,葉腋に多数の小さな黄白色花を円錐状につける。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

アオツヅラフジ【Cocculus trilobus DC.】

山野にごく普通にみられるツヅラフジ科のつる性木本(イラスト)。カミエビの名もある。雌雄異株。枝や葉は短毛でおおわれている。葉は互生で紙質,広卵形から3浅裂するものまで変異がある。花序は集散花序で,初夏から夏にかけて小さな黄色の花をたくさんつける。萼片6枚,花弁も6枚で細長く,先は2裂する。雄花では6本のおしべと退化した6本のめしべがある。雌花では仮雄蕊(かゆうずい)6本とめしべが6本ある。核果は粉白色をおびた黒藍色。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アオツヅラフジ
あおつづらふじ

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のアオツヅラフジの言及

【防已】より

…中国産はツヅラフジ科のつる植物シマハスノハカズラStephania tetrandra S.Moore(粉防已,瓜防已(かぼうい))のほかに,ウマノスズクサ科のつる植物Aristolochia fanchi Wu(広防已)などの茎および根茎を,また日本産はツヅラフジ科のオオツヅラフジSinomenium acutum Rhed.et Wils.(漢防已)の根をさす。また,木防已と称するものは中国産,日本産ともにツヅラフジ科のアオツヅラフジCocculus trilobus (Thunb.) DC.であり,名称と基原植物が混乱しているうえに,成分および用途も多少異なる。いずれもアルカロイドを含むが,粉防已はテトランドリンtetrandrine,漢防已はシノメニンsinomenine,広防已は成分未詳,木防已はトリロビンtrilobineなどである。…

【防已】より

…中国産はツヅラフジ科のつる植物シマハスノハカズラStephania tetrandra S.Moore(粉防已,瓜防已(かぼうい))のほかに,ウマノスズクサ科のつる植物Aristolochia fanchi Wu(広防已)などの茎および根茎を,また日本産はツヅラフジ科のオオツヅラフジSinomenium acutum Rhed.et Wils.(漢防已)の根をさす。また,木防已と称するものは中国産,日本産ともにツヅラフジ科のアオツヅラフジCocculus trilobus (Thunb.) DC.であり,名称と基原植物が混乱しているうえに,成分および用途も多少異なる。いずれもアルカロイドを含むが,粉防已はテトランドリンtetrandrine,漢防已はシノメニンsinomenine,広防已は成分未詳,木防已はトリロビンtrilobineなどである。…

※「アオツヅラフジ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

アオツヅラフジの関連キーワード葛藤科神蘡防已