コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アオハダ(青膚) アオハダIlex macropoda

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アオハダ(青膚)
アオハダ
Ilex macropoda

モチノキ科の落葉小高木。日本,朝鮮半島,中国中南部などに分布する。幹は灰白色で高さ 10mほどになり,水平方向によく枝を出す。枝は短枝をつくり,葉は短枝に束生,あるいは枝に直接互生する。葉身は卵形または広卵形で長さ4~7cm,幅 2.5~4cm,縁に低い鋸歯をもち,裏面は淡緑色で光沢がある。5~6月頃,短枝の先に緑白色の花を数個集めてつける。雌雄異株。雄花には4~5枚の花弁と4~5本のおしべがある。雌花では子房のまわりに小さくなったおしべが配列する。果実はほぼ球形で,秋に赤く熟す。和名は樹皮の外皮をはぐと内皮が緑色であることによる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android